So-net無料ブログ作成

OpenTX 2.0 進行中 [OpenTX]

着々とOpenTX 2.0の作業が進んでいるようです。
現在はそのベータ版が出ていてダウンロードも可能です。
jenkins.open-tx.org/firmware/nightly-builds/

OpenTX 2.0の仕様はここに出ています。
https://github.com/opentx/opentx/commits/next

かなりテンコ盛りの内容です。
主なところを私の独断と偏見で挙げると、
・グローバル変数が5個→9個
・カーブ設定の数が16個→32個 (そんなにいらないよ!)
・出力にもカーブが設定可能
・カーブ設定が3,5,9,17点の選択だったのが2~17点に自由に設定可能、更にスムース設定も可能。
・小さな親切大きなお世話のスイッチ位置警告が個別に設定可能
・入力がスティックだけではなく、テレメトリーを含む全ての入力と出力が定義できるようになった。
・カスタムファンクションが16個→32個
・TARANISの内部クロック60Mhz→120Mhz
その他にもいろいろと機能追加。

今までのOpenTXでもスゴイと思っていましたが、それを遥かに超えています。
今のところポロポロとバグが出ていますが世界中でベータテストをやっており次々と直している状態です(私もバグ出し側で参加しています)。
https://github.com/opentx/opentx/issues?direction=desc&milestone=1&sort=created&state=open

惜しむらくはこのハードウエア(TARANIS送信機本体)は何とかならないのもでしょうか?
これが14MZばりの作りなら何も言う事はないのですがね!

ともあれ、OpenTX 2.0は間違いなく期待していいと思います。

nice!(1)  コメント(6) 

nice! 1

コメント 6

炎のラジコンマン

はじめまして
OpenTXに興味をもち、調べていたら、たどり着きました。

少し教えていただきたいのですが
1.プログラミングの腕さえあれば、14MZのようなことが、できるのでしょうか?
2.タイマーをロジック付で4系統にすることもできますか?
3.最近発売のX12s に DJT 2.4Ghz JRタイプ モジュールを取り付けると、機能はそのままで、日本でも、電波を出せますか?

DJT 2.4Ghz JRタイプ モジュールは、エアークラフトが日本の技術基準適合証明取得済み を販売しております。

現在、18MZ と 28X を所有しておりますが、どちらもタイマーが納得いきません。

Fは、タイマーが2系列しかなく、ロジックが使えないし、
Jは、タイマーは、3.5?系列あるが、リセットのスイッチ方向が選らべないです。

OpenTX で、できるようなら勉強してチャレンジしたいと思っています。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。
by 炎のラジコンマン (2016-10-25 10:52) 

M爺

炎のラジコンマン様、
しばらく更新していなかったらログインできなくなってました。

ご質問の件ですが、OpenTxなら14MZ以上の事ができます。
但し、タイマーは最大でも3系統(2系統かも、、)しかありませんので4系統は無理です。ロジックでコントロールは問題なくできます。
日本で認定されているモジュールを使えばX12Sも問題ないと思いますが、内蔵モジュールも生きていますのでその辺の解釈がどうなるかは分かりません。
X12Sは私も最近入手しましたがとてもチャイナ送信機とは思えない重厚さと作りです。質感や操作フィーリングは14MZと比べても引けをとりませんよ。
by M爺 (2016-10-25 12:43) 

M爺

OpenTxについてちょっと説明が足りなかったですね。
18MZ等の一般的送信機とプログラムの方法が全く違います。
従来の送信機ではXXを設定するメニューがあり、そのメニューに必要なパラメーターを入力してコントロールの仕方を設定しますよね。
OpenTxでは、「何を入力にするか?(INPUT)」→「その入力をどのように加工するか?(MIX)」→「それをどこに出力するか?(OUTPUT)」と言ったプロセスでプログラムを作ります。
それらの設定を補助するために、「ロジックスイッチ」、「カーブ設定」、「スペシャルファンクション」があります。
最初は取っ付きにくいですが覚えなければならない基本機能はそれほど多くなく、慣れれば従来型の送信機よりはるかに使い易いです。
逆に18MZ等の高級機はメニューが多くどのメニューを使えば自分の欲しいコントロールができるか取説で探すのが大変なのではと思います。
自分が「何を操作したら」「どのようなコントロールさせたい」がハッキリと頭に入っていればプログラムに迷うことはありません。
豊富なメニューから何を食べるか選ぶのではなく、豊富な素材から自分の好みの料理を作る感じです。
by M爺 (2016-10-25 16:56) 

炎のラジコンマン

ていねいな説明ありがとうございました。

プロポで、いらない機能は、たくさんあるのに、ついていてほしい機能がないことがほとんどで、買ってがっかりがすることが、よくありました。

ある程度、勉強して自分が使えそうならチャレンジしてみようと思います。
まずは、と思いOpenTXのシュミレータを使ってみようと思います。

何かおすすめのサイト等ありましたらご教授いただけると幸いです。
ありがとうございました。
by 炎のラジコンマン (2016-10-25 17:34) 

M爺

OpenTxへの起点はオーソドックスにhttp://www.open-tx.org/です。残念ながら日本語の記事は皆無です、全て英語になってしまいます。そこからのブランチでOpen TX Universty(http://open-txu.org/)も参考になるかもしれません。
OpenTX Companionでプログラムのシミュレーションがほぼ完全にできますので、まずはこれをPCにインストールしてあれこれいじってみるのが手っ取り早いかと思います。
MIXやロジックスイッチやスペシャルファンクションが秀逸ですので試してみてください。
ただし一般の送信機でエルロンスティックを動かすとエルロンサーボが動くと言うごく当たり前の事がモデルを新しく作った時にできない(できていない)ことに面食らうかもしれません。この基本的動作すらOpenTxでは「エルロンスティックを入力とし」→「エルロンサーボChに100%出力するようにMIXする」とプログラムする必要があります。この頭の切り替えができれば後は簡単に進むと思います。
Companionには現在何種類かのバージョンがあり、TARANISにはVer2.1、、X12SにはVer2.2(まだベータ版です)を使います。
X12SはPC上のCompanionにはまだ対応しておらずOpenTxファームウェアをX12Sにインストールするだけになります。従って送信機上でのプログラムになります。

相変わらずブログにログインできない状態が続いています。
コメントでの返答は可能ですのでご遠慮なく質問してください。
by M爺 (2016-10-26 12:16) 

炎のラジコンマン

しばらく、触り倒したいと思います。
記事楽しみにしています。
ありがとうございました。
by 炎のラジコンマン (2016-10-26 14:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る