So-net無料ブログ作成

2014年3月16日嘉定F1飛行場 [活動日記]

今日はウソのように暖かいです。
丸爺、牧さん、Nyaさん、私の4人です。
サボリまくりの私はカメラも持ってきておらず写真は全てNyaさんご提供です。(アンガトさん!)

こんな良い天気なのになぜか人が集まりません。どうしたことでしょうか?
140316_130219.jpg

140316_130225.jpg


駐機場の風景、最近電動機ばかりですエンジンはNyaさんのZEN30のみ。
2014-03-16-001.jpg

2014-03-16-004.jpg

2014-03-16-005.jpg


牧さんのF.Airは今日で3回目。本来標準サーボを使用するラダーに軽量化のためマイクロサーボを使い、立て続けに2回サーボギヤの歯欠け。今回はサーボを1サイズ大きくして(ミニサーボ)再挑戦。
2014-03-16-002.jpg

140316_105738.jpg


あれぇ~っ! Nyaさんやっちゃいました!
曰く、旋回終わったら全く反応が無くなり落ちたと。そろそろババア送信機を引退させた方が良さそうです。
2014-03-16-009.jpg


いつも親子で来るガイジンさん。親父さんはメカニック、飛ばすのは子供の方です、結構いい腕してます。
140316_110136.jpg

140316_110403.jpg


結局こんな良い天気なのに飛ばしに来たのは我々以外はこのガイジンさん親子だけ。
そして今日の成果はNyaさん1機墜落のみ。
後日NyaさんからTARANIS購入に走るとの連絡、これでやっとOpenTx仲間ができます。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハノイ航空博物館 [番外]

今日はNyaさんご提供の写真です。
私の上海RC仲間の共有ドライブに写真がアップされていたのでご本人の了解を得て紹介させて頂きます。
私本人が行った訳ではないので解説は私の独断と偏見です、Nyaさん間違っていたら教えてください。

入口?中庭?
20131124_153002.jpg


オー!流石ハノイ!Migが並んでますね!
20131124_153013.jpg


Mig-21もあります。撃墜14機?ホンマ?
まあこの時代A-1やらのプロペラ機も飛んでましたからアリかも、、、。
でもこれと同型機、中国じゃ現役です、、、。
20131124_140135.jpg


Mi-6、大きいですねー!
20131124_150918.jpg


空飛ぶ電信柱と呼ばれたSAMでしょうか?
20131124_151707.jpg


Ka-25、もう少ししぶとくこの形態をガンバッテ進めたらシコルスキーX2見たいな高速ヘリができたのでしょうがね!
20131124_151245.jpg


湾岸戦争で有名になったA-10の発想の元になったA-37(米軍機)です。
20131124_133238.jpg


7.62mmのミニ・ガンを積んでます。これがA-10になると30mmまで拡大されるわけです。
20131124_133602.jpg


もう1機A-37があるみたいですね。こっちの方がキレイです。
このスケール機が出たら即刻買いですがね!
20131124_151527.jpg


元F-4ファントム、今スクラップ。
20131124_151722.jpg


ベトナムの人は真面目なのでしょうか?こんなにいい加減に残骸を置いてあっても盗まれていません。中国なら確実に盗まれています。
20131124_151759.jpg


野戦砲やら対空砲やら、、。
20131124_153340.jpg

20131124_153337.jpg


室内展示。
20131124_152730.jpg


ここにもスクラップが、、、。
20131124_152904.jpg


軍用車の展示でしょうか?それとも単なるスクラップでしょうか?
20131124_150819.jpg


スミソニアン博物館には少々及びませんが(笑)、それはそれで飛行機好きにはたまらない魅力がありそうです。一度行って見たいですね!
上海近郊にもこんなスクラップ置き場、もとい航空博物館あるのでしょうか?
あったら行って見たいです。
でも、やっぱりスミソニアン行ってみたいな~!

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャイロマンズ? [RCメカ]

ちょっと前(と言っても2年前)オンロードRCカーをやっていた頃、腕の悪い私は車を全開で直進させるのに四苦八苦していました。
そこでヘリ用のテールジャイロをステアリングサーボに噛ましたらアラ不思議!
苦もなく全開で直進してくれるのです。
コーナーでもスピン寸前で勝手にカウンターを切ってくれて本当に楽チンだった記憶があります。
その時に私に付けられた仇名が『ジャイロマン!』、要は自分の腕の悪さを機械に押し付けて本人は澄ました顔をしているふとどき者の代名詞です。
これを英語で綴れば『Gyro man』ですが、今日の題名は微妙に違います。
なぜか『Gyro mans』、複数形の『s』が付いています。

理由、、、
丸爺のEPP Sbach(天翼)
IMG_3014.JPG


私のSbach 50E(AD)
IMG_3015.JPG


私のKATANA(Techone)
IMG_3016.JPG


私のSu-26 50E(金翼)
IMG_3035.JPG


丸爺のP-47(FMS)
IMG_3045.JPG


この写真に写っている丸爺本人以外には全て3軸ジャイロが付いています!
当然手前の黄色いカブも、奥のヘリも!
IMG_3017.JPG


このために私一人が独占していたジャイロマンの呼称が複数形のジャイロマンズになってしまったわけです。

冗談はさて置き、なぜにこんなにジャイロ搭載が増えたかを説明する必要があります。
上海F1飛行場は日本の狭いRC飛行場に比べたらベラボーに広いのは事実ですが、そうは言っても離着陸は操縦位置から見て左右方向に限られます。
左右方向の風向きの時は問題ないのですが、どう言う訳か横風になる時が多いのです、しかもまともな真横からの横風です。
離陸はパワーにモノを言わせて強引に横風でも離陸できますが、着陸はそうは行かず(パワー入れたら着陸せんがな!)必然的に機首を少し風上に向けて斜め横を向きながら着陸しなければならない事になります。
いわゆる『カニ走り着陸』ですね。
更に悪い事に周りの垣根や背後のF1サーキットのスタンドが巻き起こす乱気流で地表3メートル位の辺りの気流がメチャクチャです。
そのためにここでの機体破損は圧倒的に着陸時が多いのです。
それが3軸ジャイロを搭載すると見違えるように機体が安定します。
Kansukeさんのブログ(http://ki84kou1.blog.so-net.ne.jp/)にある言葉を借りると『ジャイロを付けると機体が大きくなる』のです。
まさにその通りで具体的感覚で言うと翼長1200mm程度の電動30Eの機体がグロー90位の安定感に、50Eの機体ですと35ccのガソリン機並みの安定感なります。
上の写真にもありますTechone KATANA(550g)の機体でガックンガックンと上下左右に揺さぶられるような風や乱気流でもジャイロをONにすれば全く気にせず飛ばせます。
この抗乱気流特性を見てしまった丸爺は早速上海双天模型に(平日会社を抜け脱して!)行き飛行機用ジャイロ(FC130)を買い占めてめでたくジャイロマンの仲間入りをし、ジャイロマンがジャイロマンズになりました。(笑)

使っているジャイロを簡単に紹介します。

<Dual Sky FC130>
・値段:Taobaoで198元
・軸数:3軸
・ジャイロ機能:AVCSジャイロ、ノーマルジャイロ、ジャイロOFF
・感度調整:トリマー(3軸別個)、AVCS/ノーマルは同じ感度になる
・対応サーボ数:エルロン-2、エレベーター-1、ラダー-1
・対応機体形状:標準、デルタ、V-テール

<Futaba GYA-430、GYA-431>
・値段:5,292円x3(フタバ産業)
・軸数:1軸(GYA-431x2、GYA430x1を積む必要あり)
・ジャイロ機能:AVCSジャイロ、ノーマルジャイロ、ジャイロOFF
・感度調整:トリマー、送信機からのリモート
・対応サーボ数:エルロン-2、エレベーター-2、ラダー-1
・対応機体形状:標準のみ (デルタ、V-テールには搭載方向の工夫で可能か?)

<OrangeRX RX3S>
・値段:$24.99(Hobby King)
・軸数:3軸
・ジャイロ機能:ノーマルジャイロ、ジャイロOFF
・感度調整:トリマー(3軸別個)
・対応サーボ数:エルロン-2(但し、2ndエルロンの方向が逆!使えない!)、エレベーター-1、ラダー-1
・対応機体形状:標準、デルタ、V-テール
・その他:DSM2受信機と一体構造(別途受信機不要)

<Futaba CGY-750>
元々はFBLのヘリ用、以前はこれを使っていました。
機能面、調整可能項目、性能、どれをとってもピカイチですが、もったいないので今はヘリ(本来の使い方)に使っています。

飛行機にジャイロは不要とか邪道などと言わずに一度試してみることをお勧めします。
飛びの範囲が拡がりますよ!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る