So-net無料ブログ作成
検索選択

F86 80mm EDFの設定 [RCメカ]

前々回のアップで添付したF86のTARANISの設定表でやや特異なチャンネル割り付けになっていたので説明します。
F86 80mm EDF.pdf

・ESCをつなぐチャンネルがCH3ではなくCH12と大幅に違うところに接続
・それどころかCH10~CH14までを引き込み脚やらフラップに使っている
・使っている受信機はFrsky X6Rであり、6チャンネル分の出力しか無い

カラクリは下図の通りです。
X6R+FC130.jpg


まず、ジャイロのDualsky FC130をS.BUS接続します。
それによりCH1~CH6はS.BUSのみでFC130につながりコントロール可能となり、X6Rの物理的出力のCH1~CH6は空きになります。
空きと言っても通常ではESCもつなぐ必要があるのでCH3だけはX6RのCH3出力を使うことになります。
しかし、X6R(X8Rも同様に)には出力チャンネルを8チャンネル分シフトする機能がります。
(S.BUSはこれに関係なく常にCH1~CH16を出力しています)
これによりX6RにあるCH1~CH6の物理的出力をCH9~CH14に割り当てすることが可能になります。
そのため、物理的出力を必要とするESCはCH12に移動。
余分なS.BUSデコーダーを付けてチャンネル拡張する必要もなく安価で省スペースにもなります。
このチャンネルシフトは送信機をバインディングする時に1度行えばその受信機は8チャンネル分シフトした出力のものになります。
この手を使えばジャイロがFC130ではなくFUTABAのGYA431x2+GYA430のように同様にS.BUS接続できるジャイロでも余分なデコーダーを付けなくても14チャンネル(X8Rなら16チャンネル)まで拡張できます。
F86の設定でCH9をわざわざ空けているのはGYAに変更する可能性も視野入れていたためで、CH9がGYA431のELE-2とカブってくるからです。

ただし、現時点この芸当ができるのは残念ながらFrskyのX8RとX6Rのみのようです。
ファームアップ等で同社のTFR-8SBでもこれができるようになるとFUTABA 8FG、14SG(18MZもね!)のユーザーでも恩恵が受けられるのですがね。

どうです?
少々取っ付きにくいS.BUSですがこんな便利な使い方もあるんですよ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2104年11月9日嘉定F1飛行場 (その-2) [活動日記]

その-1で自分の事ばかり書いてしまいました。
こちらではその他の参加者。

早チャンの新作Mirage-2000 80mm EDF。
IMG_3026.JPG

IMG_3031.JPG


車輪が出ていますが、この姿勢は着陸ではありません、ローパスです。
IMG_3055.JPG


着陸はこちら、、、。
流石デルタ翼、恐ろしいほどの頭上げ姿勢で着陸です。
IMG_3104.JPG

IMG_3108.JPG


ん?? ベンチの上に乗ってるのはB-2??
IMG_3056.JPG


実はこれ、早チャンのB-2です。
過去2回離陸に失敗しています、今回は満を期して3回目の挑戦
IMG_3117.JPG

IMG_3120.JPG


、、、、やっぱり離陸できませんでした、、、、。
(気の毒なので証拠写真は撮りませんでした)

そう言えば牧さんもいたのですが、、、、
写真を整理していたら1枚も無かったことが判明。
牧さんスマンです!

オマケ、、、
Sbach-342 50Eのフライトログと搭載GPSの飛行軌跡。
SB Ail-Thr.jpg

SB Ele-Thr.jpg

SB Rud-Thr.jpg

SB Thr-Cell.jpg

SB Path.jpg

SB Path-Hight.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2014年11月9日嘉定F1飛行場 (その-1) [活動日記]

少し新ネタが出来たのでアップします。

今日は快晴とは程遠いドンよりした曇り空、風は横風3~4メートル。
あまりいい条件ではありません。
満を期しての初飛行はこの機体、FreeWingの80mmEDF F86 Saberです。
IMG_3025.JPG


いざ離陸!
IMG_3109.JPG


飛行中、ややブレ気味です。
撮影者の早チャンのせいではなく私のカメラの設定ミス、手ブレ防止がOFFになっていました、、、。
F86_0001.JPG

F86_0002.JPG

F86_0003.JPG


様子見の飛行だったのでいつでも降ろせるように車輪は出したままでしたが、なんとか無事ご帰還。
F86-0004.JPG


飛ばした感想、、、
エルロンの初動が鈍く、更にスティックを入れるとグラッとくる。
当初から懸念していたエレベーター面積が小さいのが災いしてエレベーターの効きが悪い。
原因究明のためにフライトログを確認。

<エルロン操作>
切り過ぎて切り戻しを繰り返しています。
F86 Ail-Thr.jpg


<エレベーター操作>
効きが足りず30秒ちょと過ぎた辺りでデュアルレートを100%に上げています(SAの操作)。
F86 Ele-Thr.jpg


<ラダー操作>
エレベーターが効かないので必死にラダーで廻し込んでいるのが分かります。
F86 Rud-Thr.jpg


<Lipoの消費>
初期に結構電圧が落ち込んで後はダラダラと下がっています。1分半近辺で3.5Vまで下がったのでゴーアラウンドの余裕を見て着陸させています。
F86 Thr-Cell.jpg


<TARANISの設定>
F86 80mm EDF.pdf

<解析結果>
・ジャイロ(Dualsky FC130)ONのまま飛ばしたので全体に舵の効きが鈍化していいた。
・エルロン、エレベーター共にEXPOの入れ過ぎ(この手の機体に40%は過大のようです)。
次回プログラムを修正して再トライです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る