So-net無料ブログ作成
検索選択

OpenTx 2.2、Frsky新製品 [OpenTX]

OpenTx 2.2.0 RC10(N362)が出ました。
大きく前進したのがCompanionでHORUSとTARANIS X7がサポートされたことです。
これで送信機のキーやスイッチをカリカリやらなくてもプログラムが作れるようになりました。
HORUSのサポートでモデルのカテゴリーを持てるようになったのでプログラムの拡張子がbinからotxに変わりました。どちらもバイナリーファイルなので中身を覗いて修正する等の事はできませんのであまり関係は無いと思います。

画面はこんな感じ
C9X-1.jpg


HORUSシミュレーターはこんな感じ
C9X-2.jpg


TARANISシミュレーターは
C9X-3.jpg


新製品のTARANIS Q X7は
C9X-4.jpg


TARANIS Q X7は前宣伝ばかりで1年以上発売が遅れたHORUSとは真逆で突然市場に出てきました。
X7-1.jpg

X7-2.jpg


外観はご覧の通り『安物HORUS』と言った感じで好みが別れるところかもしれません。
TARANIS X9からの違いはSW-E、SW-Gの2つのスイッチとRS、LSの2つのスライダーが省略されています。
とは言うものの出力できるチャンネル数はX9と同じく16チャンネルです。流石にHORUSの32チャンネルにはかないませんが十分なチャンネル数でしょう。
お値段も中国通販サイトで799元(日本円で約12,300円)とかなりお安いです。面白そうなので1つ買ってみようかと思っています。

面白い製品としてはXMPF3Eなる受信機とドローン用FCが一体になった受信機が出ました。
XMPF3E-1.jpg

XMPF3E-2.jpg

FCはSP Racing F3 EVOとなっておりBeta flightかClean flightを使うことになります。
私的にはCC3D Revolutionにして欲しかったのですがね。
そうは言っても受信機とFCが一体になった効果は大きく、かなり配線がスッキリまとまります。
現在この受信機を1個試しに仕入れましたのでそのうちこれに関する記事をアップする予定です。
nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る