So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

また買ってしまったレーシング・クワッド [クワッド]

飛ばす所も見つかり、FPVでの飛ばし方も少し慣れてきたのでまたぞろ買い物癖が頭をもたげてきました。
今回購入はこの3機。左から180、210、250です。
IMG_20170509_200251.jpg

180は早ちゃんが最近作ったのに影響されて(夜中の12時まで手伝ったのを感謝してくださいね!)、210は既に2機ありますが両方ともK型だったのでX型が欲しくて、250はこれも2機あるのですがRoc Hobby ROC-250とENZO-250でどれもプラパーツ多用の機体でいまいち気に入って無くフルカーボンの機体が欲しくて買ってしまいました。
でも、
180:65元
210:70元
250:78元
安かったですよ。

FCは最近CC3D系のLibre PilotからBetaflightに移行しています。
それぞれ良し悪しがあるのですがBetaflightの場合Frsky送受信機とOpenTxを使うと送信機から簡単にPIDの調整ができPCを持ち歩かなく済むので私にとっては便利なのです。
今使っているのは主にOMNIBUS F3及びF4です。
OMNIBUS F3 AIO.jpg

OMNIBUS F3 AIOです。
OSD内蔵でしかもBetaflight Configuratorで設定できるので便利です。私の初OMNIBUSもこれです。
ただ一部のロットではfirmwareがwrite protectされておりDUFモードに入れずfirmwareの書き換えができません。これに気が付くまでは随分と悩みました。ネットをくぐっても中々分からずにいたのですがsouznさんの『空飛ぶパソコン』で『CC3D Atom miniへのCleanflightインストール』を見つけダメもとで同様の手順でfirmwareの書き換えを試みたところOMNIBUS F3 AIOを強制的にBetaflightに書き換えることができました。
リンク → http://soratobupasokon.seesaa.net/article/436532334.html

OMNIBUS F4 AIOとOMNIBUS F4 Pro V2です。
OMNIBUS F4 AIO.jpg

OMNIBUS F4 Pro V2.jpg

なぜかPro V2にはSDカードスロットと電流検出抵抗が付いているのに140元と安いです。
付いていないF4 AIOは190元。値段ってどうやって決まるのでしょうか?
更にF3 AIOも140元なのでF3とF4で値段差がありません。
それじゃCPUの早いF4で決まりじゃないか、と思えたのですがところがギッチョン。
Frskyの受信機ではRCコントロールに使うS.BUSとテレメトリーに使うSmartportの両方が負論理となっておりFC側で論理反転させる必要があります。F3ではCPUの内蔵インバーターが2つあるので問題ありませんがF4ではなぜか1つしかないのです。S.BUSはなんとかなってもSmartportがつながりません。Smartportがつながらないと送信機からPIDを調整できません。受信機の基板パターンから直接論理反転していないSmartport信号をリード線で取り出す方法が紹介されていましたが、FCのピンヘッダーを半田付けするだけでも老眼には酷な作業なのに表面実装の米粒より小さい部品の足にリード線を半田付けするのなんて無理!無理!無理!
そこでSoft Serialを使ってみたら上手く動きました。
まずBeataflight ConfiguratorのConfigurationのOther FeaturesのSOFTSERIALとTELEMETRYをONにします。
SoftSerial.jpg

Save and RebootするとPortsに2つのSOFTSERIALが追加されます。
Ports.jpg

SOFTSERIAL 1にSmartportをつなぎたいのでTelemetry Outputの項目をSmartPortにします。
再度Save and Reboot。

次にCLIでSOFTSERIALの割り付けをします。
テストで確認したところMOTOR 5とMOTOR 6のヘッダーピンで上手く動きました、ここではMOTOR 5を使うとして説明します。

割り当てを確認するには
resource

# resources
resource BEEPER 1 B04
resource MOTOR 1 B00
resource MOTOR 2 B01
resource MOTOR 3 A03
resource MOTOR 4 A02
resource MOTOR 5 A01
resource MOTOR 6 A08
  ・
  ・
  ・
と割り当てを見ることができます。
MOTOR 5はA01に割り当てられていますのでそれをを解放し、SOFTSERIAL 1のTXに割り当てます。
(SOFTSERIAL 1はSERIAL 11で割り当てます)

resource motor 5 none
resouirce serial_tx 11 A01
resouirce serial_rx 11 A01

再度
resource

 ・
 ・
resource SERIAL_TX 11 A01
 ・
 ・
resource SERIAL_RX 11 A01
 ・
 ・
となっていることを確認します。
確認できたらFCに記憶させるため
save

記憶ができるとFCは勝手にリブートします。
これでSmartportはMOTOR 5のヘッダーピンにつなぐことができます。
ただ、この方法はCPUでソフト的にシリアル通信するのでCPUの負荷が上がるはずです。
どの程度の影響かは分かりません。

訂正: SERIAL_RX 11の設定は不要でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -
メッセージを送る