So-net無料ブログ作成

息抜き Walkera Lady Bird V2 [ヘリ]

昼休みに会社の空き地で450の練習をしていますが、天気の悪い時やたまには息抜きもしたいので室内でも飛ばせる超小型のクワッド・コプターを買いました。

Walkera lady Bird V2です。
    Taobaoでの購入価格、

    Lady Bird V2:288元
    予備Lipo:15元 (2個購入)
    MTC-01:98元

まず本体。
本体.jpg


想像以上に小さいです。
本体大きさ.jpg


これまた、小さい送信機(DEVO4)
Devo4.jpg


附属の充電器、USBから充電します。2個同時充電可能。
充電器.jpg


予備に2個Lipoを買いましたが、本体に既に2個附属していました。
しかも予備に買ったLipoが350mAh、標準附属のLipoが240mAh、更に長時間飛べるとの振れ込みなのだが、重量が増加した分モーター電流も増加し飛行時間はそんなに変わりません。
Lipo.jpg


Android携帯でも飛ばせるとの振れ込みのMTC-01も買いました。80mAhのLipoを内蔵しておりUSBから充電して使います。
MTC-01.jpg


こんな風になります。
携帯.jpg
でも、操作が敏感でとてもじゃないが使えませんでした。
附属のDEVO4は流石に安物でスティック・フィーリングが最悪です。MTC-01がWalkeraの古いWK送信機にも付くと言うので、これに取付。遥かに操作性が良くなりました。
WK-2403.jpg


微風の中で外で飛ばして見ましたが十分飛行可能でした。
安定性も操作性もバツグンで値段の割に十分楽しめる代物でした。

コメント(2) 

T-REXに一本化 [ヘリ]

現在メカが無くて飛べないものも含めて3機のヘリが我が家に有る。
初代のCHEETAH-450、
CHEETAHを落とすのが忍びなくて購入したクラッシュ専用機のAccurate-400、
最近衝動買いした中古のT-REX。
Accurateは購入目的通りに散々クラッシュを経験し、もはやヘッド周りがガタガタの状態。
しかもT-REXに受信機・サーボを持って行かれベアフレームで既に飛行不能。
CHEETAHとT-REXの2本立て行くつもりが、昨日CHEETAHを自宅前で高度50cm位で調整中に突然フルエルロンに近い右ロールを始め、メインローターを粉々にしてしまった。
元々CHEETAHのスワッシュサーボはTower-Proの9gサーボ。
通常1000円以下で売られているシロモノ。
値段が品質に比例するとは思わないが、このサーボの誤作動で以前にもCHEETAHのメインブレードを折っている。どうもCHEETAHの高回転ブレード(ホバリングで3000rpm)の振動でポテンショが浮いてしまうようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5) 

T-REX完成! が、、、しかし、、、 [ヘリ]

新着のT-REXと言っても『中古』の出物が模型屋に有ったのをGetしたのですが、昨夜組み立て完了しました。


全体のイメージです。ローターは以前に買って長過ぎて使えなかった325タイプのウッドブレードです。
このブレードを使うためにT-REXを買ったと言っても過言ではありません。(ウソ)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

我が家の格納庫 [ヘリ]

〇さんのマンションの格納庫に呆れたが、我が家の格納庫を写して見た。

EP400、450の3機、手前からCHEETAH-450、T-REX 450、Accurate-400。
T-REXは今日仲間入りしたばかりです。
メカが3機分ないのでしばらくは観賞用となります。
今週末Accurateで上空旋回にチャレンジしますので間もなくAccurateのメカを移植できると思います。
(きっと墜落するから、、、)


新しく仕入れたS9257、念願のGY401をDSモードで使えます。
サーボマウントはT-REX用の2つ穴タイプがドンピタで使えます。
週末の危険な練習でテールサーボだけは壊さないようにしないと、、、


nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの上海 その-3 [ヘリ]

サーキットでヘリを飛ばすと言う非常識を経験した後は、本来の出張へお出かけです。
上海→長沙→広州→柳州→上海→昆山→上海と一巡りし、上海に戻る。
これだけで総距離5000kmを超え、3泊4日かかっている広い国だ、、、

前回はダマされてクソ狭いサーキットで生まれて初めてGPヘリを飛ばさせられた(ホバーだけだけど)ので、
今回は○さんの家に押しかけ無理やり電動ヘリを用意しに行く。
14階の真新しいマンションの玄関を開けると、、、

カッカッ格納庫だぁ~!

GP90フレイヤーが2機、GP50ラプターが1機、GP45固定ピッチの往年のカルト・バロンが1機、
T-REXが1機、CHEETAHが1機、KINGが1機、ラマが1機。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

私のヘリの原点 [ヘリ]

今までBlog上でAccurateやCHEETAHの話しを殆どして来ました。
実はこれらの機体は私の2機目、3機目の機体であり私のRCヘリの原点はこのAPCHE H64なのです。
CHEETAHと同じSKY-RCの製品でプロポ込みで650人民元ナリ(日本円で約1万円)で上海でGetしたものです。

トイラジの部類ですがなかなかのシロモノで『弩』が付く安定性で一発でホバリングができました
んが!
安定が良すぎて飛行が困難なのです。
要は『動かない』のです。
フルダウンを打っても2mも行けば止まってしまいます。
そんな調子ですから風が吹こうものなら、『風と共に』どっかへ行ってしまいます。
更にダメ押しが『固定ピッチ』です、モーターの回転数が全てとなります。
行きはヨイヨイ帰りはコワイではないですが、上はヨイヨイ下はコワイのです。
上昇はいとも簡単にスティックをヒョイッと打てば上がって行きます。
ところが下降は全神経をスティックに集中しコンマ1ミリの単位でスティックを操作しないと『落下』します。
そんなことで可変ピッチのCHEETAHやAccurateに走って、今ではAPACHEはリビングの飾り物と化してしまいました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

チョット前の映像 [ヘリ]

前回の画像の他にもう少しドジぶりが映っているのがありました。
特に終了間際のピルエットなぞドジの塊です。
落とさなかったのが奇跡と言うしかありません。
まあ、ドジぶりをとくとご覧あれ、、、

あの日は、結構風が舞っていたのだよ、、、
フラツキの半分は風のせいです。
(じゃ残り半分は?)


nice!(0)  コメント(0) 

チョピット練習 [ヘリ]

先週は新東京へ行ったのでヘリはサボリッチ。
昨日雨が降ったので地面が湿ってホコリが舞い上がらないのでカメラマン(末娘)を連れて動画を撮りました。

やっぱ上手くなっていないですね。
結構風が舞っていましたので、こんなもんですね。(言い訳、、、)
ヘッド周りがガタガタなので毎回トラッキングが変わっているみたいです。
ヘッド周りを全取替えするとそこそこ費用が掛かってしまうのでそろそろCHEETAHに乗り換えの時期かも。


ついでに送信機とツーショット。
この角度で写すとヘリがデカく見えますね。


nice!(0)  コメント(0) 

トラッキング調整 [ヘリ]

トラッキング調整はかなりメンドウですね。
今まで何通りかの確認のし方をやってきました。
1.ホバリング寸前まで回転を上げて、頬を地面に擦るくらいに頭を下げて横からローター面を見る。
 風が急に吹いて勝手に飛び上がりそうになった時があります。
2.1.の方法で勝手に飛び上がるといけないのでスキッドにレンガを噛ませて真横からローター面を見る。
 やっぱり風が吹くと土埃が目に入ります。
3.自転車のサドルにヘリをくくりつけて、ローター面を横から見る。
 自転車が倒れそうになりました。
4.目の前でホバリングさせて、ローター面を横から見る。
 フラフラとヘリが勝手に(?)動いてしまい、トラッキングを見る余裕なんてありません。

ところが、enRouteさんのHPでWinkの取説を見ていたら実にいい方法が書いてありました。
要領は以下の通り、



このようにローターをグリップに対して直角にします。
フラーバーとは平行になります。



今度はそれを真横から見てフライバーがマストと直角になるようにします。
そのときのフライバーとメインブレードの角度が左右同じになるようにリンクを調整します。
この写真の程度の差はOKです。



次に、ローターをグリップに対し逆向きの直角にします。



同様にフライバーをマストと直角にし、真横から見てフライバーとメインブレードの角度が左右同じになれば調整完了です。
差があるようでしたら、①~④を何回か繰り返して②と④のときの左右差が一番少ないところまで追い込みます。
リンクにはガタがありますから完璧な調整にはなっていないと思いますが、かなりのセンまで合わす事ができます。

メリットとしては、、、
涼しい所(クーラーの効いた部屋の中)で調整ができます。
調整中に蚊に刺されません。
頬っぺたが汚れずに済みます。
埃が目に入りません。
真夜中でもできます。
ローターが目の前で回っていませんから、怖くありません。

一度お試しあれ、
モデルは久しぶりにCHEETAHの出演でした、、、


nice!(2)  コメント(3) 

旋回。。。。。 [ヘリ]

昨日に比べ信じられないくらい今日は涼しい。
風も殆ど無く、絶好の練習日和であった。
課題の旋回に挑戦する。
今までどうもヘリが走っていないのが旋回が上手く行かない理由に思われたので、今回は少々走らせてから旋回に入れるように練習。
右回りの旋回半径1~2m、90°180°旋回は何とかまとまる。
思い切って360°もヒヤヒヤものでやってみて何とか成功。
旋回完了時に殆ど止まってしまうので、最後にエルロンでバンクを戻すと同時に少しダウンを入れる。
右回りに関しては自分でもかなり満足。
問題は左回りである。
90°はアッと言う間に完了してしまうのでまあまあなのだが、180°になると頭下げが激しく、高度を失う。
アップを引けば止まってしまう、、、
どうも左旋回は進入速度が不足しているみたいだ。
そんな状態で、360°をやろうとしたら、開始高度がビビッて1m位から始めたのがタタリ270°廻った辺りでローターが地面をカスリ始めて小石を撒き散らしながら転倒。
無意識にホールドを入れていたらしく、珍しく無傷(ブレード先端に少々カスリ傷が着いたが、、)。
左旋回はまだまだ課題が残る(右も結構問題あるが、、、)。

いずれにせよ風が無いと随分と飛ばし易い。
昨日も殆ど無風だったが、ドピーカン。
モーターやバッテリーだけでなく飛ばしている本人までがバテてしまう。
未だ環境に大いに左右される程度にしか腕が上がっていない、、、。


nice!(0)  コメント(3) 
メッセージを送る